「あなたの声になる」ノマドポートフォリオワーカーの吉弘のぞみです

 

 

吉弘のぞみと仕事がしたいと思ってもらえる方に出会えるよう
普段の自分を発信し(マメではありませんが。。。)
肩書きや仕事のジャンルにとらわれず
私で力になれることを仕事にして行くスタイルで生きて居ます

 

 

人と話すのが好きでビラ配りからお仕事をスタート

そのことをきっけに。それならこんな仕事できる?と声をかけていただき、
例えば、商品の通行人へのPRや市場調査などのお仕事をしています🌈

 

 

現在妊娠5ヶ月。産休中というわけではないのですがほぼ産休になっているので
この期間にしっかり自分の人生や家族に向き合い
そして今後の仕事にも繋がれば良いなと色々な期待を持って

超短期の語学留学をしたいと思って居ます

 

今日は今のそんなゆっくり過ごせている時期だから思う家族についてのブログです

 



人生の軸と。影響を受けたもの

 

みなさん、人生を歩む上で
なんとなくこの言葉が、あの本が、あの音楽が、あの出来事が
自分の人生の軸みたいなのになっているのだろうか?
と思うようなものが何かしらあるのかなと思います

 

 

そんな話をお茶をしながらするのは。

めっちゃくちゃ楽しいですね^^
みなさんいろいろなきっかけをお持ちです

 

私にとってはこれ、ぜったいなのですが
小説家の吉本ばななさんがまぎれもなくそうです

中でも中学2年生の時に出会った

「アムリタ」

 

という小説には
25年間で何度読み返したでしょう?
50回から100回くらい読んでいるでしょうね
本はもうボロボロで
無人島に何か一つ持って行くとしたらこの本にすると思いますし
私が死んだらこの本と一緒にお墓に入りたいです。笑

 

 

読むたびに違う気づきやその時に求めて居たメッセージに力をもらっていて

 

例えば

・人生観
・恋愛観
・家族観
・死について
・性について
・仕事について
・旅について

 

 

 

私の軸は無意識にこの本や
ばななさんの小説からつくられているかもしれません

 

 

 

ばななさんのファンにとってばななさんは、
「何でもばななさんの言う通り。神。」

みたいな感じではなくて

 

 

 

その人がその人らしくもっと自分になる
何だかお守りのような感じの存在だとおもいます

 

 

 

私はばななさんの言葉を愛すと同時に
ただ、自分のやるべきことをすることで
自然と人を助けている
ばななさんのそんなお仕事を尊敬しています

 

 

 

さて、小説「アムリタ」の中にこんな言葉が出てきます

 

 

 

主人公朔美の年の離れた弟。由男くんが

 

少しデリケートな状況になった時に
お母さんが食卓で家族のみんなに問いかけてた
お母さんもおじいちゃんから教わった
代々つたわる秘伝?人生のチェックポイント
みたいな言葉です

 

 

家がどんなピンチの時でも、重い空気が流れて居ても
不思議と明るい?というか人が生きている?動いている
空気が流れている時ってありますよね?

 

 

ちゃんとその時に言うのが大切です
(ただ楽しい。ハッピー。という空気でなくても大丈夫。
良いと悪いって表裏一体ですから)

 

 

その時の言葉はこれ。
こんな風にこの言葉を書き留めている人もいるみたい
素敵や✨
↓↓

 

 

8E769D70-BABC-4624-81C2-73311793B8C9

 

 



一人一人違う家族観。私の場合

 

 

小説アムリタについては、
とても深いので説明するのが私の乏しい語彙力では困難なのですが。笑

 

 

 

この方の読書感想文が
とても腑に落ちてわかりやすくて素敵だったので
こちらをご覧ください♪

↓↓

https://note.mu/neominoru/n/n7012de36122c

 

 

 

私はアムリタを読んで、
家族って血だけで繋がっているものではないな!と中学生の時に感じました

 

 

血が繋がって居なくても
港のような人や場所があれば家族になれるし
血が繋がって居てももっと別のつながりでも家族として繋がれる

 

 

 

そもそも家族って

 

団体のようだけど全員独立した人間で
みんなそれぞれ自分の人生を生きている
みんなが同じ考え方を持てるわけでもなく

 

 

決してコントロールしてはいけない
だけど時にコントロールしたい気持ちが出てきたりして
それで時には気持ちの距離も開いたりして

 

 

だけどどこかではちゃんと関わって居て

 

 

 

何かの傘下にあるってかんじではなくて
一つであるひつようなんてないし自由なのだけれど
とても大切なつながりがあり

 

 

それは箱のように。そこにいっしょくたに入れるものでもなく
紐でつながれているようなものでもない

 

 

ちょっと言葉にするとはずかしいけど
愛とか思い出が作っていたりとか

意外と一番大切なのは、
どんなスリリングな刺激や豪華な家族の思い出があったとしても
それよりも何でもない日常の積み重ねやしょうもない思い出
そんなものでつながっているつながりなんじゃないかと・・・
私なりに思ったりしました
そしてひとそれぞれの家族観があるだろうな
正解なんてないな。とも

 

 

 

186C2732-F806-4496-91D3-A93C14870F74

 

 



家族の変化。夫婦の変化

 

 

私たち夫婦はこの4月からプチ留学に向かいます

何でしょう?

 

 

たしか3月の6日か7日くらいから、毎日状況に変化があります
(確か星の代わりどきだったかな?春分の満月でまた大きなターニングポイントもあったり)

 

 

それこそ、行く街や学校
そもそもこの期間やりたいことがお互いどんどんはっきりしてきて
(すごい夫婦みたいに壮大だったり長期のビジョンじゃないですよ)

 

 

 

夫婦ともに
直感型だからてんやわんやで。笑
費用もかさみまくって

 

 

 

これお互いに立場が交互になるのですが、急にひらめきが来るんです

↓↓↓

 

そこで思いついた方は

👾「これが良いと思うんだ」

 

正直にパートナーにそれを伝えてみる

で、言われた方には、超恐ろしかったり
迷惑な提案だったりして

 

これって事は違えど、家族あるあるですよね

 

👻「はぁ???( ̄Д ̄)ノ💢」

って顔で、

 

 

👻

・え!!急にそんなこと言われても
・それは現実無理
・今更?それならもっと早く考えてよー!!
・一旦白紙じゃん!じゃあ1から?てかそれは無理だし
・それでは帰国してから生きられません。そもそもギリギリ計画なのに

みたいになり、もし反対なら正直に無理でしょって伝えます。笑

 

 

それでお互いでも
ご飯食べたりテレビみたりお風呂はいったり翌日の準備など
くだらないことを話したりして
日常を過ごして、問題について考えるでもなく無意識に考えて居ます

 

 

次の日に、前日てんやわんやを起こした方が
確かに無茶言ったな。でも諦めるのも気持ち悪いし。と

 

 

👾「中間案でこんな風に考えた」と言います

 

 

 



できるだけ本当の本音で生きる

 

 

ところが、昨日反対した方は

👻・「いや、それ本心?少し妥協だよね。一晩考えたんだけど、何とかそっちの方向で行けるようにしよう。本心で幸せな方にしようよ。この際妥協はするまいぜ」

 

 

👻・「どうしても無理なことはそもそも挑戦すらできないけど、自分たちの力で清水の舞台から飛び降りるくらい、もし腹くくったらできることならやっちゃいますか」

 

 

👻・「これからメンバーも増えてもっと家族になるんだから、本心でないことはできるだけしないで真ん中で生きよう。それで子供を迎えたら、ぜったいこの子にとっても良いよね。うんうん」

 

 

 

👻・「できるだけ自分の命の本来の活かし方したら人生、家族、仕事。ぜったい色々良いことになるんじゃない?たぶん。死にはしない。死にそうになったら這いつくばってでも生きてやる。笑。この子も家族も守る」

 

 

と、てんやわんやを言った本人より、
昨日の反対者から今日は一番の味方になって居たりします

えー??同一人物???って感じです笑

 

 

 

何の確証もないけど
相手が幸せに妥協してたら果たして自分も幸せか?と現実思うのと

 

 

 

相手にとって良いことはどんなに相手だけに良さそうに最初は感じても
これまでも最終的に意外と、2人にとって良いことになってきたという
過去の恐ろしい実績があるから・・・

 

 

 

ただただ、お互いの願いを叶えるのではなくて、
嫌なら嫌とはっきりぶつかることも大切な時間
その上でまたお互い考えてお互い笑えるようにする

 

 

 

そして、また2人で具体的にぎりぎりの計画を立てて直していきます。

本当の本音って潜在意識のものでしょうから
現実を生きているわたしたちにとっては
わかっているようで自分でもわからない部分もまだまだあるかものですが
できるだけ本音に近づいてそして未来のために生きて生きたいと思います

 

夫婦の数だけ。家族の数だけ色々な関わり合いがあるのだろうな
そして、家族が増えるとまたその関わりの絡みも変わってきたりして

それを思えば
大家族とかほんっとすごいなーって思います

 



共につくっていく

 

 

 

今日が人生の中で一番新しい日

 

毎日ひやひやするけど
少々喧嘩もしたりするけど
正直二人とも楽しい!!んだと思う
楽しいね。と言いながら夜寝ることも多い。笑

 

 

それって、子供を宿している夫婦からしたら
危なっかしくて。人によっては無責任に思えたり
確かに崖っぷちでとんでもないことだけど

 

 

 

不思議と日に日に体調も良くなり
お腹の子供も順調に育って母子ともに安定してきます
大変は大変なりに、なぜか色々未来が開けてきます
何とかなるんじゃない?
赤ちゃんも喜んでいると私は感じます

 

 

 

私たち夫婦は血がつながっていないけど

 

 

夫婦であり
ずっと恋人であり
これから子供の親になるというつながりがあります
一応法的にもつながっているしね。笑

 

 

お腹の子と夫は
お腹の子と私は

今度はそれぞれ明らかに「血」がつながっています

 

 

だけど、何だか、それを越した
また別のつながりも出てきているのかな?

 

 

血や、法律上の家族だけでなくて
ただただ仲良しという時期を過ぎて

 

 

何だかいいペア
いいトリオになっているんじゃないかな?って

 

いやいや、まだまだ未熟だけど
そんな感じで自由な絆を重ねられたらいいなぁって🌈

 

だから、赤ちゃん。
こんな変な家だけど楽しみに誕生してね

 

お母さんたちが
赤ちゃんが生まれて来る前から絆を感じて居たって
よく聞いて居ましたが気持ちがわかります

 



自分へのコンプレックスを含め生きて行く

 

 

こんな私だから、
子供を授かる前ですが

 

 

私は愛はあるけどふわふわしてるから子供を育てられる器じゃない
いや。実は。本当の意味では優しくないんじゃないか?
母親としての丁寧さ、愛と責任が足りて居ない

 

少なくともぜったい女性としての母性の丁寧さは足りて居ない
今後身につく見込みも無いだろう。笑
夫婦ともに変だし、
子供も普通の家にあるものがなかったりしたらはずかしいかも?

 

 

と思って居た時期がありました

 

自分が恥ずかしいのは自分なりの芯があれば
外じゃなくて内の声を大切に気にしなければ
幸せに暮らせるし。良い話ですが
子供が私のせいでかわいそうなのはやっぱりいやだなとか

 

そんな話はまたいつか・・・

 

変な愛し方でも、色々普通の家族みたいじゃなくても
絶対幸せにするから
ぜったい上手くいかせるから
そしてきっと楽しいからね

 

 

ってか君には
すでに守ってあげたいようで守り合って
愛したいようで愛されているのかもね

 

 

 

ハラハラするけど、気分良く過ごせているのは
ぜったいに君の底知れない力とユーモアと優しさだと思うよ

 

 

 

DDBB2768-7F02-4D0C-910E-0864C0D0661C

 

 



個人的なニュース

 

 

まだ確定ではありませんが、
赤ちゃんは男の子の可能性が高いそうです🌈

ひゃー!!

 

 

 

夫婦ともに、なぜか女の子だと思って居たのでびっくりです(まだそうかもしれないけど)
私は女なので男子の頭の中はわかりません♪どんな言葉をかけて育ててあげましょう?

 

 

 

パパ大好きっこに育って欲しい。
男の子なら私の運動神経に似ないでくれー!!(私運動神経悪い芸人)
運動できる夫のほうに似てくれー!!

 

私たちの良いところをそれぞれうまくチョイスしてくれー♪
(あるのか?あるよね?笑)

 

ところで、
吉本ばななさんの小説かエッセイかなにかで

 

 

「男の子を育てると、あまりにも単純な生き物ということがわかり、過去に男のことで悩んだ全ての時間がばからしく面白く思えてくる。笑」という言葉がを思い出して

 

 

産婦人科の帰りに思い出し笑いしながら帰りましたとさ(きもい)

 

一昨日と昨日
昨日と今日とでは全く状況も変わるという日々を過ごして居ますが
無事に行くと来週はもう海外。

 

 

留学してもまたブログアップします♪

長いのに読んでくださった方ありがとうございます🌈
これからも宜しくお願いします

家族ってなんだろう??✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です